愚痴を言うのは弱音を吐くのと同じことでは?

ときどき嫌なことがあったり、疲れてしまったりすることもあるし、そういうときには誰かに愚痴を言いたくなったりすることもありますよね。
でも、私自身が友だちの愚痴を聞かされる立場だったりすることもあるし、だいたいそういう話というのは、あまりいい気分になるものではありません。
必ずしもすべての愚痴がそういうものではないかもしれませんが、愚痴というのは、自分の至らない部分を他人に転嫁するような内容が多かったりします。
なんとなくそういうことは自分でもわかってはいるものの、誰かに聞いてもらいたくなったりするんですよね。
つまり、言い方を変えた弱音を吐いているようなものだと思ったりしています。
先日も、ちょっとうまくいかないことがいろいろと続いて、ついつい友だちに愚痴を言ってしまいそうになったことがありました。
でも、やっぱり、よくよく考えてみると、自分に非がないわけではありません。
友だちに愚痴を言えば、うんうんと聞いてもらえるかもしれませんが、それこそ、自分の至らない部分を肯定するようなことなのかもしれません。
まずは、愚痴りたくなる衝動を抑えて、どういう回避策や解決方法があったのかを考えるのが先なのかもな、と最近思っています。